日本騒音制御工学会は、騒音・振動およびその制御に関する学術・技術の発展と普及を図り, 生活環境の保全と向上に寄与いたします

公益社団法人 日本騒音制御工学会

Vol.36, 2012-3

室間音圧レベル差や床衝撃音レベルなどの測定で、受音側室内の吸音力はどの程度測定値に影響するのか目安といったものはありますか。(Vol.36 No.3)
                             (石膏ボード製造会社 社員)

((株)鹿島建設 技術研究所 安藤 啓)

室間音圧レベル差や重量・軽量床衝撃音レベルの現場における測定方法は,日本では JIS(日本工業規格)に制定されており,それには JIS A 1417(2000)“建築物の空気音遮断性能の測定方法”とJIS A 1418(2000)“建築物の床衝撃音遮断性能の測定方法”があります。さらに後者は 2 部構成となっており,第一部は標準軽量衝撃源による方法,第二部は標準重量衝撃源による方法となっております。ご質問のように,受音側の等価吸音面積(吸音力)によってこの測定結果は変化します。定常的な音の場合,等価吸音面積が 2 倍になれば,その場の音圧レベルは,理論的には 3 dB の低下となります。室外から入射して来る騒音を低減させる方法としては,この吸音力を増加させることは有効な方法です。

隣室からの騒音や上階からの床衝撃音を聞いている人にとっては,実際の値そのものが,音環境となりますので,上記の JIS においても測定された絶対値で評価する手法がとられています。しかし,壁や床といった建築部位材単体の遮断性能を評価し,他部材と比較する場合には,この吸音力の影響を除く必要があります,そこで,この実測値以外に上記のJIS では,受音室内の残響時間を測定して,そこから計算される吸音力を用いて換算し比較する方法も提示されています。残響時間は 0.5 秒,吸音力は 10m2を基準として換算した値で,吸音力を基準とした場合には規準化,残響時間を基準とした場合には標準化という言葉をつけて区別しています。すなわち,音圧レベル差の場合には規準化音圧レベル差と標準化音圧レベル差,軽量床衝撃音では規準化床衝撃音レベルと標準化床衝撃音レベルとなります。但し,重量床衝撃音のみは,パルス的な衝撃音の最大値を測定するため,吸音力の影響は受け難いためこの考え方を取っていません。

これらを詳しく知りたい方は,関連 JIS を参照してください。

関連 JIS

  • ・JIS A 1416 実験室における建築部材の空気音遮断性能の測定方法.
  • ・JIS A 1417 建築物の空気音遮断性能の測定方法.
  • ・JIS A 1418-1 建築物の床衝撃音遮断性能の測定方法─第一部 : 標準軽量衝撃源による方法.
  • ・JIS A 1418-2 建築物の床衝撃音遮断性能の測定方法─第二部 : 標準重量衝撃源による方法.
  • ・JIS A 1419-1 建築物及び建築部材の遮音性能の評価方法─第一部 : 空気音遮断性能.
  • ・JIS A 1419-2 建築物及び建築部材の遮音性能の評価方法─第二部 : 床衝撃音遮断性能.

閉じる

分野

キーワード

フリーワード

PAGE TOP