日本騒音制御工学会は、騒音・振動およびその制御に関する学術・技術の発展と普及を図り, 生活環境の保全と向上に寄与いたします

公益社団法人 日本騒音制御工学会

会員コラム

ゲルブ・ジャパン(株)/日本ゲッツナー(株) 会社紹介(Vol.39 No.2)
ゲルブ・ジャパン(株)/日本ゲッツナー(株) 会社紹介

ゲルブ・ジャパン(株)/日本ゲッツナー(株) 会社紹介

ゲルブ・ジャパン(株)会社紹介

ゲルブ・ジャパン株式会社は防振業界において100年以上の歴史と実績のあるドイツゲルブ社(GERB Schwingungsisolierungen GmbH & Co. KG)の日本法人として2009年に設立されました。国内へは1990年代より販売代理店を通じて数々の実績を収めており、現在ではこれら国内と世界中の実績を元にお客様に優れた防振装置およびエンジニアリングをご提供しております。ゲルブ・ジャパンでは主に産業用機器向けの振動対策をメインとし、その他に発電プラント向け地震対策や建築物向けの振動および固体音対策、煙突や風力発電機の共振対策、鉄道軌道防振対策等を行っております。

 当社では金属コイルバネと粘性体ダンパー(VISCODAMPERS®)を組み合わせたシステムで振動対策を行っており(添付図参照)、4Hzの固有振動数を標準として装置設計を行っております。金属コイルバネは荷重と変位による固有振動数が線形特性を持っており、2.5Hz10Hzの範囲でシステム設計が可能です。これにより一般的なゴム防振と比較し非常に優れた防振効果および固体音対策が可能です。減衰機構には粘性体ダンパー(VISCODAMPERS®)を使用しており、共振応答の大きな低減や対象物の揺れを素早く減衰させることが可能です。これらの防振装置は1台につき大きな物で200t程度の荷重を支えることができ、パラレルに配置することで建築物等の大荷重を支えることができます。

 近年では振動騒音公害への関心も大きく高まり、今まででは解決が困難であった問題に対しても様々な方法での解決が求められるかと思いますので、国内では事例の少ない金属コイルバネと粘性体ダンパーを用いた対策情報を日本騒音制御工学会を通じ発信させて頂きたく考えております。

 また、当社では現在業務拡大により以下のような人材の募集を行っております。

・振動、騒音関係の業務に携わっていた方、あるいは強く興味のある方。

・現場での施工や工事関係の業務に携わっていた方。

・化学、発電プラントでのエンジニアリング業務経験のある方。

・英語でのコミュニケーションに対し経験あるいは興味のある方。

 またこれら以外の方でも当社にご興味を持たれましたら採用担当までご連絡頂ければ幸いです。

             図.1産業機械用防振装置例

 

     図.2 屋内フロア向け固体音、振動対策装置概略図

日本ゲッツナー株式会社 会社紹介

日本ゲッツナー株式会社は、オーストリアのゲッツナー社の100%出資日本法人として2002年に設立された、特殊ポリウレタン防振材および総合防振システムを用いて、鉄道・建築・機械分野等で発生する騒音と振動の最小化を実現する企業です。製品は日本国内に常時在庫しており、即納体制を整備しております。お客様との協議・仕様に基づき緻密に防振設計される特殊ポリウレタン防振材を、国内の加工工場によるオーダーメイドの製品加工で提供しています。

ゲッツナー社の2大ブランドであるシロマーとシロディンは耐久性と優環境性に優れた自社開発のエーテル系特殊ポリウレタン・エラストマーです。シロマー10種類、シロディン5種類は、施工時のミスを防ぐためにカラフルな色がついています。シロマーはオープンセル(連泡)とクローズドセル(単泡)の混合セル構造体です。1975年以来、鉄道・建築・機械の各分野で多くの使用実績があり、弾性と衝撃吸収の要素を併せ持つことにより理想的な防振・防音効果を発揮します。シロディンは100%クローズドセル(単泡)構造体で、動的特性と弾性に優れ、耐高荷重の用途に有効です。

シロマー・シロディンの特長として、以下の点が挙げられます。①防振性能に優れ、最低固有振動数を約8Hzまで下げることが可能です。②屋外での使用や繰り返し荷重に強く、世界各国の鉄道軌道の防振に使われております。欧州の地下鉄において約50年の長寿命が推定されています。③長寿命かつ高性能であるためトータルライフサイクルコストの低減を図ることができます。④廃棄物にならない素材で構成されており、ほぼ100%のリサイクルが目指せます。

弊社製品は、鉄道から建物への振動遮蔽(バラストマット・マクラギパット・地中床・地中連壁)、劇場・映画館・シネマコンプレックス・スタジオ等音響関連施設の防振、マンション等の集合住宅・ホテルにおける浮床による重量・軽量床衝撃音の低減、学校や保育園などの教育施設、屋上テラス・ウッドデッキ・プール、ジャグジー・フィットネスジム・体育館など複合施設の防振、地下立体駐車場や輪転機、各種機械への防振と固体伝搬音対策など幅広い分野で力を発揮しています。

 従来は防振ゴムが主流だった日本国内で数多くの実績を重ねて参りました。最近は鉄道や防振浮床だけではなく、乾式二重床・階段・ユニットバス・清掃用ゴンドラなど幅広い分野で使用されています。騒音や振動でお困りのことがあればお気軽にお問い合わせください。

高橋 聖子(日本ゲッツナー株式会社)

 

閉じる

PAGE TOP