日本騒音制御工学会は、騒音・振動およびその制御に関する学術・技術の発展と普及を図り, 生活環境の保全と向上に寄与いたします

公益社団法人 日本騒音制御工学会

会員コラム

環境騒音振動行政分科会定例会開催(Vol.24 No.4)

環境騒音振動行政分科会定例会開催

平成11年度第3回環境騒音振動行政分科会定例会が,5月12日環境庁において開催されました。出席者は委員と環境庁の方々を含めて22名で,2件の議題について討議しました。

最初の議題は,環境庁大気生活環境室の藤田室長から,平成12年度における大気生活環境室の事業計画についてお話しいただきました。主な計画は2件あり,1件目は本コラムに記載されている「騒音による影響の評価に関する総合研究」,2件目は低周波音問題への取り組みでした。特に低周波音は,平成9年度から調査を開始し,調査結果を取りまとめ,測定方法等に関するマニュアルを作成し,本年度中に地方自治体等に配布予定とのことでした。

次の議題は,末岡委員から,行政分科会で作成中の「騒音調査の手引」の内容と進捗状況の説明がありました。この「騒音調査の手引」は,自治体担当者を対象としており,これを読めばとりあえず環境騒音の測定が出来るという程度に仕上げ,汎用性の高い手引書を目指しました。この手引書は出来上がりしだい,自治体を中心に配布いたしたいと考えております。

(千葉市環境保健研究所 松島 貢)

閉じる

PAGE TOP