日本騒音制御工学会は、騒音・振動およびその制御に関する学術・技術の発展と普及を図り, 生活環境の保全と向上に寄与いたします

公益社団法人 日本騒音制御工学会

会員コラム

「大都市騒音・振動主管担当者会議」の報告(Vol.23 No.1)

「大都市騒音・振動主管担当者会議」の報告

平成10年度の標記会議が11月1O~11日に千葉市において開催された。この会議は12の政令指定都市と東京都の課長相当職で構成されており毎年1回持ち回りで開催し,今回は28回目である。騒音に係る環境基準が9月3O日に告示され,27年ぶりに改正されたことに伴い,大都市の騒音担当者においても測定方法や評価について戸惑いがみられる中,今回の会議では環境庁大気保全局自動車環境対策第1課の鈴木課長より「改正後の騒音に係る環境基準について」,続いて目動車環境対策第2課の山田主査より「道路に面する地域の測定方法について」ご説明があり,その後に活発な質疑応答がなされた。質問事項は,近接空間の後背地に関するもの、昼間と夜間の2分類にした理由、自動車騒音の監視について都道府県と市町村の役割分担に関するものなどがあった。

その他の議題として,騒音の環境基準の評価方法の見直しに伴う測定体制等について取り上げたが,測定方法等の詳細が明らかになった時点で,その内容に沿った方向で検討することになった。もう一つの議題として複合型娯楽施設への対処方針について議論し,日頃苦労されている苦情処理の考え方を意見交換した。

また,承り事項は屈出に関する事項3題,自動車騒音対策等への取組状況について2題およぴ鉄道騒音調査の実施状況について1題であり,各市持ち婦りのうえ問題点・疑問点については直接問い合わせをすることとした。

最後に,来年の会議開催市となる横浜市よりご挨拶があり会議を閉会した。

(千葉市環境局 川島高嗣)

閉じる

PAGE TOP