公益社団法人 日本騒音制御工学会

音環境デザイン分科会 2015年度報告

今年度は、平成27年4月20日、平成28年2月9日の2回の分科会を開催した。また、分科会メーリングリスト上で、例年と比べると時期による粗密の差が大きかったが、年間を通じた意見交換・議論を行った。年度前半の主要な検討内容は、東京都の環境確保条例における子どもの声等に関する規制の見直しを発端とする「子どもの声」の問題であり、その行政上の問題点、科学的問題点、など多様な側面からの議論を行った。年度後半は、平成29年度春季研究発表会で本分科会がオーガナイズド・セッションを担当することを念頭に、今後の分科会としての研究計画を議論した。この議論の中で、前身のサウンド・アメニティ分科会を含めた、これまでの分科会の歴史を振り返り、本分科会の目標が「社会的な音環境計画の指針の構築」であることを再確認した。

2015年度委員

主査 永幡 幸司 福島大学共生システム理工学類
幹事 塩川 博義 日本大学生産工学部
委員 岩宮 眞一郎 九州大学大学院芸術工学研究院
石田 康二 (株)小野測器 技術本部
沖山 文敏 (株)オオバ 環境本部
川井 敬二 熊本大学大学院自然科学研究科
五味 広美 新宿区市民
田村 明弘 横浜国立大学名誉教授
土田 義郎 金沢工業大学
福原 博篤 (株)エーアール
船場 ひさお フェリス女学院大学音楽学部
箕浦 一哉 山梨県立大学国際政策学部
森長 誠 防衛施設周辺整備協会
森原 崇 石川工業高等専門学校
安岡 正人 東京大学名誉教授
山内 勝也 九州大学大学院芸術工学研究院

PAGE TOP