公益社団法人 日本騒音制御工学会

音環境デザイン分科会 2017年度報告

今年度は,10月31日,11月16日,1月18日の3回の分科会を開催した。今年度の分科会では,2017年春季研究発表会で当分科会がオーガナイズしたセッション『音環境問題の構造化:音環境計画の指針策定に向けて』の議論,及び,その準備段階での議論を踏まえ,これまでの日本における騒音政策の歴史を改めて学ぼうということになった。そこで,それら政策決定の過程で,大きな役割を果たしてこられた諸先生方にお話しを伺い,それを記録として残していくことを,当面の主な活動とすることとした。現在,先生方にお話しを伺いに行くための,下準備を開始したところである。

2018年度委員

主査 永幡 幸司 福島大学共生システム理工学類
幹事 山内 勝也 九州大学大学院芸術工学研究院
委員 石田 康二 (株)小野測器
沖山 文敏 (株)オリエンタルコンサルタンツ
川井 敬二 熊本大学大学院自然科学研究科
倉谷 英和 北海道大学公共政策大学院
田鎖 順太 横浜国立大学名誉教授
田村 明弘 横浜国立大学名誉教授
土田 義郎 金沢工業大学
福原 博篤 (株)エーアール
船場 ひさお 岩手大学
箕浦 一哉 山梨県立大学国際政策学部
森長 誠 防衛施設周辺整備協会
森原 崇 石川工業高等専門学校
安岡 正人 東京大学名誉教授

PAGE TOP