日本騒音制御工学会は、騒音・振動およびその制御に関する学術・技術の発展と普及を図り, 生活環境の保全と向上に寄与いたします

公益社団法人 日本騒音制御工学会

〒102-0083
東京都千代田区麹町3-12-6麹町グリーンビル2F
TEL:03-5213-9797 FAX:03-5213-9798

高周波音検討分科会 2018年度報告

主査 廣江正明

当分科会は,高周波音を含む騒音の計測や評価に係る問題を調査研究すると共に,その解決に向けた検討を行う場として2009年5月に発足した。2017年度に引き続き,「高周波音による心理的及び生理的な影響調査を目的とした現場又は室内での聴感実験に関する実験計画」(小林理研倫理審査会承認)に基づき,鉄道車両の走行音に含まれる高周波音について,駅ホームでの聴感実験や走行車両内での実態調査・聴感実験を行い,その結果をinter-noise2018や日本音響学会の研究発表会等で報告した.また,鼠撃退器の製造会社社員らの高い周波数領域の聴覚閾値を計測し,高周波音の聴力と心理的・生理的影響との関連についても調査し始めた.

2019年度委員

主査 上田 麻理 神奈川工科大学
幹事 尾崎 徹哉 リオン株式会社
長谷川 英之 富山大学
廣江 正明 (一財)小林理学研究所
委員 石橋 雅之 千葉県環境研究センター
植村 拓朗 スペクトリス株式会社
桐生 昭吾 東京都市大学
白石 君男 福岡大学
高橋 弘宜 産業技術総合研究所
中村 健太郎 東京工業大学

PAGE TOP