公益社団法人 日本騒音制御工学会

環境振動評価分科会2015年度報告

主査 平尾 善裕

環境振動評価に係る最新情報の共有と整理、それに基づく意見交換、委員間の共同研究の 推進などを目的として、年4回の分科会を開催した。今年度の主な活動としては、平成27年春 季研究発表会でのオーガナイズドセッションの開催および日本音響学会騒音振動研究会の共 催であった。春季研究発表会においては、振動測定マニュアルVer.1 の解説と測定結果に対 する評価方法の提案、測定事例を中心に8件の発表を構成した。騒音振動研究会では2件の発 表をもとに、振動測定マニュアルの活用について議論した。なお、学会HPに公開している振 動測定マニュアルVer.1のダウンロード数は400件を超えており、マニュアル(案)のダウンロ ード者も含めて、分科会のニュースメールへの登録者は470名を超えている。

振動測定マニュアルについて

本マニュアルでは,工場・事業場,建設作業,道路交通,及び鉄道から発生する振動により苦情が発生し,かつ振動規制法による対応では苦情の解消が困難な場合に,問題解決に向けた振動対策に資する技術資料を作成することを目的としています。それを踏まえて,以下の項目における振動測定及び評価方法について記述しています。

  1. 家屋内部で苦情者が暴露されている振動
  2. 家屋による振動の増幅特性
  3. 地盤振動の伝搬特性
  4. 評価指標に関する将来的な改善に備えるための詳細データの蓄積

是非,ご活用いただくとともに,本マニュアルへのご意見を環境振動評価分科会までお願いいたします。 環境振動評価分科会 vib-manual@ince-j.or.jp

振動測定マニュアルのダウンロード申し込みはこちら

2016年度委員

主査 平尾 善裕 小林理学研究所
幹事 馬屋原博光 リオン
林 健太郎 ベネック振動音響研究所
横島 潤紀 神奈川県環境科学センター
委員 岩田 克司 エイト日本技術開発
内田 季延 飛島建設
大石  力 環境調査設計
北村 泰寿 神戸大学
国松  直 産業技術総合研究所
佐野 泰之 愛知工業大学
塩田 正純 SCCRI静穏創造研究所
白石 英孝 埼玉県環境科学国際センター
住友 聰一 ひょうご環境創造協会
高津  熟
西村 昌也 ジェイアール東海コンサルタンツ
早川  清 立命館大学
前田 節雄 近畿大学
松本 泰尚 埼玉大学大学院
茂木 正晴 国土交通省
簗場 則昭 エイト日本技術開発
横田 明則
吉岡  修 地質計測

PAGE TOP