日本騒音制御工学会は、騒音・振動およびその制御に関する学術・技術の発展と普及を図り, 生活環境の保全と向上に寄与いたします

公益社団法人 日本騒音制御工学会

〒102-0083
東京都千代田区麹町3-12-6麹町グリーンビル2F
TEL:03-5213-9797 FAX:03-5213-9798

2019年秋季研究発表会

2019年秋季研究発表会を下記の通り開催いたします。秋季研究発表会は会員並びに関係各位のご協力を得て回を重ね,本年で第43回となります。毎年会員の方々から貴重な発表が数多く寄せられており,その範囲も多岐にわたり内容も充実してきております。会員各位の積極的な発表並びに参加を期待いたします。

なお、11月1日(金)に特別講演,懇親会を開催いたします。また,11月2日(土)にシンポジウムを開催いたします。このスケジュールにより,1日目の一般講演のための時間を従前より多く確保しています。

期  日 2019年11月1日(金),2日(土)
会  場 日本大学理工学部 駿河台キャンパス

(〒101-8308 東京都千代田区神田駿河台1-8-14)

  https://www.cst.nihon-u.ac.jp/campus/surugadai/
実行委員長 冨田 隆太(日本大学理工学部建築学科)
講演申込期限 2019年 7月 19日(金)厳守 講演申込受付は終了いたしました。
原稿送付期限 2019年 9月 13日(金) 厳守
問合せ先 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-12-6 (公社)日本騒音制御工学会

電話 03-5213-9797  E-mail: office@ince-j.or.jp

 
講演申込要領 1.講演申込者の資格: 当学会正会員,名誉会員,学生会員,団体会員(申込時に)

2.講演申込数: 正会員,名誉会員,学生会員は1人2件以内,団体会員は1口3件以内

3.講演の区分: 一般講演とオーガナイズドセッション(OS)

OSは,以下の3テーマを企画しています。

(1) 航空機騒音測定・評価に関する課題と対応:改訂された航空機騒音に係る環境基準の施行後6年余が経過し,「航空機騒音測定・評価マニュアル」の記述だけではわかりにくい場合や対応が難しい場合などの状況が課題として挙げられるようになった。環境省では,課題への対応とマニュアルの改善に向けた検討を平成27~30年度にわたって続けてきた。これに関連し,日本騒音制御工学会は,環境省からの受託業務として「航空機騒音測定・評価方法に関する検討調査業務」を実施した。本オーガナイズドセッションでは,航空機騒音の測定・評価に係る課題とその対応策について,当該検討の内容を会員に周知する企画講演とともに,航空機騒音測定・評価の今後などについても議論するため,広く一般講演も募集する。

(2) WHO「環境騒音ガイドライン(2018)」の解説:2018年10月にWHO欧州地域事務局は,交通騒音に加え,風車騒音や娯楽関連騒音も対象とした「欧州地域向けの環境騒音ガイドライン」を公表した。ガイドライン策定のための体系的な方法論に基づき,環境騒音の健康影響に関する科学的知見のレビュー,エビデンス総体の評価,価値判断などが行われ,騒音曝露から人の健康を保護する為の勧告が音源別に示された。本OSは,ガイドラインの策定方法,勧告の拠り所となる科学的知見や価値判断,今後の課題などを,当学会の会員を中心に広く周知することを目的としている。本セッションは,招待講演のみで構成する。

(3)木材を用いた建築物の音響性能:「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」が2010年に施行されて以来,CLT(Cross Laminated Timber)に代表されるような木材を利用した建築物に関する音環境性能の研究が盛んに行われている。床衝撃音遮断性能の向上においては,RC造に比べると木造は質量が低いために,剛性を増加させることが有効な手法のひとつであり,「木造らしさ」を残したまま,木材を音響材料として利用する際の技術的工夫は非常に興味深い。そこで,本OSでは,床衝撃音遮断性能だけでなく,空気音遮断性能や吸音性能等を含めた音響性能について,木材を用いた建築物の実例等をご紹介いただき,音響材料としての木材の可能性を議論したい。本セッションでは,招待講演に限らず,広く一般講演も募集する。

 
講演申込料 1件につき5,500円(学生会員は無料)。申込時に納入のこと。

郵便振替の場合:東京00110-9-26839

加入者名:(社)日本騒音制御工学会

銀行振込の場合:みずほ銀行国分寺支店 普通預金1774896

口 座 名:(社)日本騒音制御工学会

 
申込方法 この下にある「講演申し込み」ボタンをクリックし,入力フォーム(現在準備中です。6/3頃に開設予定)に必要事項をご記入の上送信してください。ホームページ以外からの申し込みを希望する場合は,事務局にご相談ください。
講演時間 1件につき討論を含めて20分です。(パワーポイントインストール済パソコン,パソコン用プロジェクタを用意します。)
原稿 ・PDFで提出してください。下記の「講演論文原稿の書き方」というリンクをクリックすると原稿フォーマットなどを記載したワードファイルをダウンロードすることができます。

<講演論文原稿の書き方>

・英文の場合は,申込時に事務局へご連絡ください。

・講演申込期限及び原稿送付期限を厳守してください。

・優秀な発表に対しては研究奨励賞の贈呈を予定しています。また,学生を対象とした表彰も予定しています。

 

カタログ・材料・機器展示会 出展募集のご案内

カタログ,材料,機器展示,学生との交流会を予定しており,出展・参加企業を募ります。詳細は「問合せ先」までおたずね下さい。

PAGE TOP