日本騒音制御工学会は、騒音・振動およびその制御に関する学術・技術の発展と普及を図り, 生活環境の保全と向上に寄与いたします

公益社団法人 日本騒音制御工学会

Q&A

「 計測機器 」の関連記事一覧

騒音計に関する新しいJISでは騒音レベルがサウンドレベルに, 騒音計がサウンドレベルメータに変わったと聞きましたが, 具体的にいつから変わるのでしょうか。また, 何故変わるのでしょうか。(Vol.29 No.2)
                                (計量証明事業所員)

(リオン株式会社 瀧浪 弘章)

騒音計のJIS (C 1502及びC 1505) が改正により廃止され、平成17年3月に、国際規格IEC 61672シリーズに一致したJIS C 1509シリーズが制定され、規格群の名称は”サウンドレベルメータ (騒音計)”となり、騒音レベルに代わり”サウンドレベル”が用語として採用されました。

これらの用語は、JIS C 1509シリーズで初めて採用されたものではなく、2000年に改正されたJIS Z 8106 (音響用語) で、”weighted sound pressure level、sound level” 及び “sound level meter”に対応する最初の見出し語として既に採用されています。このJISの解説では、その理由を次のように説明しています。

  • (1)周波数と時間に関して重みつけを用いた音圧レベルを騒音レベルとしていたが、この評価量は騒音測定に限定されるものではなく、”騒音レベル”の用い方は、独自のものである。今回の改正では、普遍的な意味を表し、国際的にも用いられている”サウンドレベル”及び”重みつけ音圧レベル”を採用し、従来の慣例による”騒音レベル”を併記した。
  • (2)”騒音計”についても上述(1)同様に取り扱われている。そこで、より普遍的な”サウンドレベルメータ”を採用し、従来の慣例による”騒音計”を併記した。

JIS C 1509シリーズの場合には、C特性やFLATでの性能や試験方法を規定しています。”騒音レベル”を使っていると”C特性騒音レベル”では矛盾が生じますし、C特性では音圧レベル、A特性では騒音レベルと使い分けるのも統一性に欠けるという理由も加わります。また、規格の中でsound pressure levelとsound levelを使い分けているので”音圧レベル”も採用し難いという事情があります。

規格を引用したり、規格に基づいて話をしたりする場合には”サウンドレベル”や”サウンドレベルメータ”の用語を使った方が適切かと思いますが、それ以外の場合には”騒音レベル”や”騒音計”を使っていただいて何ら問題はありません。

閉じる

分野

キーワード

フリーワード

PAGE TOP