データ検索と利用方法

調査リスト

調査ID 音源 調査年 調査場所

JPN001OT1982

住環境騒音 1982~1985年,1987~1994年 名古屋市

JPN002CR1994

在来鉄道騒音 1994~1995年 熊本県,福岡県

JPN003RT1994

道路交通騒音(高速道路) 1994~1995年 熊本県

JPN004HR1995

新幹線鉄道騒音 1995~1996年 神奈川県

JPN005RT1996

道路交通騒音 1996年 熊本県

JPN006CR1997

在来鉄道騒音 1997年 神奈川県

JPN007RT1997

道路交通騒音 1997~1998年 北海道

JPN008RT1997

道路交通騒音 1997~1998年 バンコク

JPN009RT1998

道路交通騒音 1998年 神奈川県

JPN010RT1999

道路交通騒音 1999~2000年 神奈川県

JPN011RT2000

道路交通騒音 2000~2002年度, 2003~2006年度 兵庫県, 大阪府, 愛知県, 静岡県, 神奈川県, 千葉県, 福岡県, 東京都

JPN012CR2001

在来鉄道騒音 2001年 北海道

JPN013HR2001

新幹線鉄道騒音 2001~2003年 神奈川県

JPN014CR2002

在来鉄道騒音 2002年 福岡県

JPN015HR2003

新幹線鉄道騒音 2003年 福岡県

JPN016RT2003

道路交通騒音 2003~2004年 北海道

JPN017CR2003

在来鉄道騒音 2003~2004年度, 2006年度 神奈川県, 千葉県, 東京都, 大阪府, 熊本県, 愛知県

JPN018HR2003

新幹線鉄道騒音 2003~2006年度 東京都, 埼玉県, 神奈川県, 福岡県, 静岡県, 長野県, 大阪府, 栃木県

JPN019CA2003

航空機騒音 2003~2006年度 東京都, 大阪府, 福岡県, 宮城県

JPN020MA2003

航空機騒音(軍用) 2003, 2005~2006年度 茨城県, 埼玉県, 東京都, 神奈川県, 福岡県

JPN021MS2004

道路交通・在来鉄道の複合騒音 2004~2006年 神奈川県

JPN022HR2005

新幹線鉄道騒音 2005年度 愛知県

JPN023CA2006

航空機騒音 2006年 熊本県

データ検索

フリーワード検索
ジャンル
調査年

データ利用

■利用条件

社会音響調査データアーカイブ(SASDA)では、原則として以下の条件のもとで,個票データを無償でご利用頂くことができます。ただし,CD-Rで提供するデータについては,生CD-R,返信用封筒をご負担いただきます。

■利用対象者

(1) 日本騒音制御工学会の会員
(2) 日本音響学会の会員
(3) 卒業研究等で(1)または(2)の者の指導を受けている学生
(4) 本データアーカイブへの個票データの寄託者。

■利用目的

学術目的の二次分析に限ります。

■利用できる調査数

一回の申請で利用できる調査数の上限はありません。ただし,一度に大量の申請をされた場合,別途,理由書の提出を求める場合がありますので,予めご了承ください。

■利用承認

希望者からの利用申請を、寄託者またはSASDAが承認することが必要となります。

■利用期限

原則として、利用が承認されデータが提供されてから1年間です。

■個票データの消去

利用期限後は個票データを消去し、CD-Rも破壊してください。利用申請書を提出してから、利用承認・個票データが提供されるまでには、1ヶ月前後の時間がかかる見込みです。研究計画を立案するときには十分余裕を持ってください。

■誓約事項

SASDAの運営は、無償で個票データを寄託して下さる寄託者と、個票データの利用者、そしてSASDAとの3者の間での信頼関係が成り立つことで、実現するものです。

そのために、個票データ利用申請書にある誓約事項を確認のうえ、署名、押印をしていただきます。違反の場合、利用承認を取り消すとともに、今後の利用停止など、必要な措置を取ります。

利用申請書のダウンロードはこちら
利用報告書のダウンロードはこちら

データ寄託

寄託申請書のダウンロードはこちら

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー